希望の職種との適合性を考える!

自分の性格を見つめ直す

仕事を探す上では誰でも希望の職種があるはずです。ただ、誰でも希望の職種に就けるか分かりませんし適合性もしっかりと考えなければいけません。適合性が弱いにも関わらず希望の職種に固執していると採用される可能性が少ないですし、もし採用されても早期に退職する可能性があります。しっかりと自分の性格を見直すことが大切で、客観的な視点で判断しなければいけません。例えば営業であればコミュニケーション能力が大切ですし、製造であればミスをしない繊細な作業が必要です。つまり、コミュニケーション能力に乏しい人が営業職を目指したり大雑把な人が製造職を目指すのは茨の道と化す可能性があります。自分の性格を活かせるような仕事を見つけたいものです。

意欲は大切にするべき

仕事の内容と自分の性格が合いそうにない場合は他の選択肢も考えないといけませんが、だからと言って絶対に無理ということはありません。性格もそうですし、スキルなども乏しければ苦労しますが、意欲は大切にしたいものです。是が非でも就きたいと考えるのであれば、それだけ努力することができます。採用されて、なかなか上手くいかない日が続いたとしても心が折れなければ仕事を継続できるはずです。逆に適合性だけを考えて職を選び、妥協しながら働くと仕事が長続きするか分かりません。適合性は確かに大切ですが、自分が思う意欲や情熱を捨ててまで優先するのは考えものです。仕事での心身の充実度は生活の質にも関わってくるので、熟考しなければいけません。