自己分析を行う!

自分について客観的に分析して適性を考えよう

やりがいのある仕事を見つけ出して現場で活躍していくためには興味があって適性もある仕事が何かを見極めることが重要になります。興味の有無は簡単に判断できても、適性があるかどうかを見極めるのは簡単なことではありません。客観的に自分の長所や短所を見つめ直し、自分は本当はどんな人なのかをあらためて考えてみるのが大切です。客観的な視点で自己分析を進めてみるとよくわかっていなかった自分の取り柄が見つかることもあれば、気づいていなかった弱点が発見されることもあります。それをありのままに受け止めて長所によって活躍することができ、短所が致命的な影響を及ぼさないような仕事を探していくとこれこそが適職というものを見つけられるでしょう。

自己分析をサポートしてもらおう

客観的に自分を見つめるのはかなり難しいことで、自己分析がうまくできなかったために適性がない仕事を選んでしまうこともあります。自分だけで分析しようと考えずにサポートを受けるという発想も重要です。カウンセラーやキャリアコンサルタントに相談して自己分析を進めるのは合理的な方法でしょう。ただ、第三者と話をしながら自己分析をするのに抵抗感がある人もいるかもしれません。その場合にはオンラインサービスを使って自己分析をするのも良い方法です。適性診断などの簡単な設問に答えていくだけでどんな性格や適性を持っているかがわかるサービスがたくさんあります。それを受けて結果を読み、あらためて自己分析をしてみるとスムーズになります。